看護師 副業

転職は成功でしたか?

看護師の中には、生活環境の変化などにより、転職を重ねている方が沢山います。
私は、結婚前に働いていた総合病院から、出産後のブランクを経て、現在のがんセンターに転職しました。
この1回のみの転職なので、何とも言えないんですが、
希望していた職場なので、後悔は全くありません。

 

私は、実母の難病の他に、長女の先天性の病気も抱えています。
長女は、先天性の病気があり発達が遅れている為、一般の学校には通えず、地元の支援学校に通っています。
言葉が自由に話せず、人とコンタクトを取る事が難しい為、常に誰かの助けが必要、という状況です。
そのような状況の為、行事などで学校に行く機会が、一般の小学校よりも多いと思います。

 

このような生活環境の中で、仕事を続けていくのは大変で、辞めようと思った事が何度もあります。
でも、夫がとても協力的で、仕事をする事について応援してくれているので、頑張る事ができます。
子供や実母の病気の事を理解してくれているので、率先して世話をしてくれます。
家族の協力がなければ、とても仕事を続けていく事はできないと思います。

 

独身時代に働いていた急性期の病棟と、現在働いている緩和ケア病棟は、全く違う世界です。
オペ後は在宅するのが当たり前の急性期の病棟に比べて、緩和ケア病棟では、完治する見込みのない患者さんばかりです。

 

でも、転職した事は間違っていないと思っています。
今後、実母の病状や、長女の学校行事などにより、現在と同じように、働く事ができなくなるかもしれませんが、
夫の協力を得ながら頑張らなくては、という感じです。

 

緩和ケアでの経験や勉強した事を活かして、実母の介護にも役立てていけたらいいなと、常に思っています。