看護師 副業

面接で聞かれるポイント

 

看護師に限らず転職や再就職の際には、面接は避けて通れないですよね。

 

看護師の場合は面接で落とされる確率は他の仕事より低いとは言われますが、初めての転職などですと

 

極端に緊張してしまって自分のアピールポイントをうまく話せなかったり、想定外の質問に戸惑ってし

 

まったりということもあります。

 

私も実は一度目に受けた病院の面接では上手く話すことが出来なくて失敗してしまいました。

 

ネットで情報収集して程度想定される質問の答えは用意しておいたのですが、実際に看護師長と事務長の前に座ったら緊張して頭が真っ白になってしまってしどろもどろ、その病院についての下調べも不十分だったので質問に対して無言になってしまったりして、印象を悪くしてしまいました。

 

看護師は患者さんを相手にする仕事ですし、他のスタッフとの協力も必要な仕事ですから、面接ではコミュニケーションスキルも要求されますね。

 

志望動機や、看護経験の内容、前職の離職理由、自分の看護感などは聞かれる事が多いですから、事前に紙に書くなどしてまとめておくことは必須ですが、面接で失敗しないためにはプロの目で内容を確認してもらったほうがいいですよ。

 

私は二度目に受けた病院は看護師求人情報サービスを通して探し、面接のコツを教えてもらいました。

 

事前にその病院の情報や、想定される質問の要点を教えてもらえたうえ、応えの内容が良いかどうかのチェックや、面接の予行演習まで行って頂けました。

 

おかげでさほど緊張することもなく、印象も良かったようでスムーズに就職が決まりました。